交通事故紛争処理センター

示談交渉を行う際には直接保険会社と顔を合わせて行う方法もありますが、これだけではありません。交通事故紛争処理センターに出向いて示談交渉を行う方法もあります。交通事故紛争処理センターは全国にいくつかありますが、最寄りのセンターに出向いて示談交渉を行います。相手の保険会社と直接示談交渉を行うのではなく、間に弁護士が入ってくれるのでより感情的にならずスムーズに示談ができる点が優れています。

交通事故紛争処理センターを利用した場合、何度かセンターまで行く必要があります。そのため時間がかかりますし、平日で必ずセンターに行ける日を作らなければなりません。そういった面倒な点がありますが、保険会社と直接示談をするよりも多くの慰謝料を手にすることができるものです。
交通事故紛争処理センターでは裁判ほどにはいきませんが、裁判を起こした時に近い慰謝料を手にすることができます

特に後遺障害の認定がされた場合などでは慰謝料の増額が大きいので利用するメリットがあります。この時に弁護士に代理人となって交通事故紛争処理センターに出向いてもらうこともできます。一般に被害者が出向くよりもよりスムーズな示談交渉ができますし、慰謝料の増額もできるものです。また交通事故紛争処理センターは平日に必ず時間を作らなければなりませんが、これが難しい方は利用ができません。しかし弁護士に依頼をすれば休みを作る必要はありません。